【痛みが少ない】ボトックス小顔施術の特徴を詳しく紹介

キレイになりたいあなたを応援
注射

注射する量

美容業界で注目されているボトックスですが、気になるエラに打てば輪郭がシャープになって小顔になれます。また、BNLS注射などもあります。アンチエイジングにも最適なので、是非検討してみてください。

痛くない治療に

ウーマン

細い針なら安心

エラにボトックスを打つ際の注意点として挙げられるのが、しっかり小顔効果を定着させるために定期的にボトックスを打つという点です。効果は個人差がありますが、だいたい半年に1回程度打つのが一般的です。エラの筋肉に作用して麻痺させるため、発達しすぎたエラの筋肉をそぎ落とすことができるのです。しかし、早く小顔になりたいからといって頻繁にボトックスを打ったりするのはよくありません。特に30歳を超えてからエラにボトックスを打ちすぎると、シワやたるみの原因ともなってしまうので気をつけましょう。また、小顔になれない原因がエラの筋肉だけとは限らないので、しっかり医師にチェックしてもらうことが大切です。脂肪が多いタイプの人は、脂肪溶解注射を選択すると効果を実感しやすくなるでしょう。日本の美容外科クリニックで使用されているボトックスは、アラガン社のものがほとんどなので安全性が高く安心です。また、多く普及しているため比較的価格も安価になっています。ボトックスは薬剤の瓶を開封した後は、徐々に効果が薄れてしまうのが一般的です。そのため、毎回フレッシュなボトックスを使用しているクリニックが望ましいといえるでしょう。ボトックスで理想の小顔になるためには、適切な量を打たなければなりません。経験が豊富な腕のいい医師を探すには、ボトックス認定医かどうかをチェックしておくようにしましょう。認定医になるためには、ボトックスの研修に参加し日々技術を磨いていくしかありません。技術の高い医師のみがこの認定医になることが可能なのです。また、ボトックスの量以外に大切なことは打つ場所です。適切な場所に打たないときちんとした効果が発揮できませんし、患者の望むデザインにならない場合もあります。カウンセリングや口コミから腕のいい医師がいるクリニックを選定しましょう。なお、カウンセリングを受けてみて気に入らないようであれば、その場で契約しなくても問題ありません。自分が納得できるまで、カウンセリングを受けるようにしましょう。また、ボトックスは小顔効果だけではなく、慢性的な歯ぎしりや歯の食いしばりを改善することも可能です。日常的に歯を食いしばるくせのある人は、ボトックスを打った後もなるべく歯を食いしばらないように意識して生活するようにしていきましょう。小顔になりたいけれど、ボトックスの注射の痛みが怖いと不安になる人も心配ありません。各クリニックでも注射の痛みを最小限にするために工夫をしています。特に、注射針は痛みを感じにくい極細のものを使用しているクリニックが多いです。また、麻酔クリームなどの局所麻酔をしながら注射してくれるクリニックもあります。痛みに不安がある人は、麻酔のメニューがあるかどうかも確認しておきましょう。ボトックスを注射して小顔効果が表れるまでに、3日程度かかります。ゆっくりと効果が表れるのが特徴なので、ボトックスを打ったとばれにくいのも支持されている理由の一つです。同窓会や結婚式までに小顔になりたいと望んでいるなら、直前にボトックスを打つのではなく、効果が表れるまでの時間も考慮して打つようにしましょう。

鏡を見る人

顔が小さくなる治療

ボトックスによる小顔治療は今注目されており、効果の実感もとても速いのでうれしくなります。ボトックス注射はますます需要が高まるでしょう。実際にクリニックで治療を受ける時には、しっかりカウンセリングを受けましょう。
カウンセリング

慎重に病院選びを行う

小顔効果を感じたいのであれば、ボトックス注射を行ないましょう。永久的な効果はないものの安心して治療を受けることができます。リスクや注意点に関しては、医師にきちんと聞いておきましょう。