ドクター

慎重に病院選びを行う

カウンセリング

医師と相談をする

小顔になりたい人にお勧めの治療方法が、ボトックス注射です。ボトックス注射は、ボツリヌス菌を注入する美容治療です。ボトックス注射を行なうことで、エラの筋肉の動きを弱めて、筋肉を小さくしていきます。それによって小顔を目指すことが出来るのです。また、小顔以外にも高い効果をもたらします。例えば、しわの改善や多汗症にも効果的です。注射を打つ部位を変えることで、様々な部位に高い効果をもたらすので、全国各地の美容外科で導入されています。しかし、ボトックス注射の小顔効果は永久的ではありません。3か月から半年程度で効果が消滅します。なので、定期的にボトックス注射を打たなければいけません。しかし、ボトックスを繰り返し注入していると、効果が弱くなっているように感じる場合があります。そのような場合は、一定期間時間をおいて再度治療を開始するか、医師に相談してボトックスの種類を変えてみましょう。一言にボトックスといっても様々なメーカーが開発しています。ほとんどの美容外科が導入しているのが、アメリカ製のボトックスです。他にもドイツ製や韓国製などのボトックスがあるので、気になる人は医師に使用されているボトックスのメーカーについて確認してみましょう。また、ボトックス注射は、注射を打つだけの治療法なので、たいした技術がなくても医師であれば行なうことが出来ると考える人もいるはずです。しかし、ボトックス注射も、他の治療同様に高い技術力が必要なのです。なぜなら、顔には多数の表情筋が存在します。なので、表情筋の構造についても理解しておかないといけません。また、注入量を誤ると不自然な表情の顔になってしまいます。なので、クリニックを選ぶ時には、優秀な医師が在籍しているクリニックを選ぶようにしましょう。優秀な医師は、ランキングサイトや口コミサイトで調べることが可能です。また公式サイトを確認することも重要です。腕に自信があるのであれば、実例写真を掲載しているからです。また、アフターフォローの体制がしっかりしているクリニックを選ぶことも大切です。ボトックス注射は、体質によって、副作用を感じる場合があります。副作用の症状には頭痛やめまいなどの症状があります。これらの症状に対応することが出来るクリニックだと安心して治療を受けることが出来ます。また、治療後に気をつけておきたい事やリスクなども丁寧に説明してくれるかどうかも、チェックしておきましょう。ボトックス注射のあとは、不必要に顔の筋肉を動かすと皮膚の下でボトックスが移動して、希望しない部位にまで効果が及ぶこともあるのです。なので、セルフマッサージなどは避けましょう。このような注意点も、ボトックス注射を初めて行なうひとは分からないものです。なので、医師の説明はきちんと聞きましょう。もし、丁寧に説明してくれなかったと言う場合には、他のクリニックで治療を受けることも検討しましょう。初診でカウンセリングをしてもらったからといって、そのクリニックで必ず治療を受けないといけないというようなことはありません。納得のいくまで、クリニックを選定してから、治療に挑みましょう。